2018.6.14 14:17

日本ハム・清宮、2試合連続12号ソロ 2軍降格後11戦8発

日本ハム・清宮、2試合連続12号ソロ 2軍降格後11戦8発

特集:
2018新人情報
4回、先制ソロを放つ日本ハム・清宮=森林どり泉(撮影・土谷創造)

4回、先制ソロを放つ日本ハム・清宮=森林どり泉(撮影・土谷創造)【拡大】

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(19)=早実高=が14日、イースタン・リーグ、楽天戦(仙台森林どり泉)に「3番・左翼」で先発し、2試合連続の一発となる先制の左越え12号ソロを放った。

 0-0で迎えた四回先頭の第2打席。楽天の先発した育成選手の石橋の138キロ直球を逆方向に運んだ。一回の第1打席では空振り三振に倒れていたが、次の打席ではしっかりととらえた。

 逆方向の本塁打は6日の同DeNA戦(鎌ケ谷)で左中間越えを放っているが、降雨ノーゲームで“幻”となった経緯があり、記録に残る正式なものはプロ初となる。ホームイン後に迎えられたベンチでは、両手を広げて首を振る恒例の「キヨダンス」で仲間と喜びを分かち合った。

 これで5月28日の2軍降格以降、11戦8発。球団は2軍で打席に多く立たせるため、1軍再昇格は早くても交流戦後とみられるが、“ハムの若大将”は変わらず好調を維持している。

  • 4回、先制ソロを放つ日本ハム・清宮=森林どり泉(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・清宮、2試合連続12号ソロ 2軍降格後11戦8発