2018.6.13 17:56

東日本国際大・粟津、9安打許すも完封「要所で粘れた」/全日本大学野球

東日本国際大・粟津、9安打許すも完封「要所で粘れた」/全日本大学野球

6回、守備を終え吠える東日本国際大・粟津凱士=神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)

6回、守備を終え吠える東日本国際大・粟津凱士=神宮球場・東京都新宿区(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 全日本大学選手権第3日(13日、東日本国際大2-0京都学園大、神宮)東日本国際大の粟津は9安打を許しながら完封した。前日は救援で3回2/3を1安打無失点。連投の疲れも見せず「要所で粘れた。ゼロで9回を抑えられたのはうれしい」と先発の醍醐味を味わい、声を弾ませた。

 大学3年時に右横手から、腕を少し上げたフォームに変えて台頭。決め球シンカーの変化が向上し、一回無死三塁などピンチをしのいだ。「低めに集まった。自信のある球なので」と手応えを深めた。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の東日本国際大・粟津凱士=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 先発の東日本国際大・粟津凱士=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 完封勝利し、吠える東日本国際大・粟津凱士=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 京都学園大に勝利し、喜ぶ東日本国際大ナイン=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 6回、安打を放つ東日本国際大・片岡奨人=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 3回、先制の適時打を放つ東日本国際大・青木龍成=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、東日本国際大・齋田のスクイズで生還した片岡奨人=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、三塁打を放つ東日本国際大・片岡奨人=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、三塁打を放った東日本国際大・片岡奨人=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東日本国際大・粟津、9安打許すも完封「要所で粘れた」/全日本大学野球