2018.6.13 22:54

ヤクルト、連勝が3でストップ 小川監督「ピッチャーが点を取られてしまった」

ヤクルト、連勝が3でストップ 小川監督「ピッチャーが点を取られてしまった」

4番手で登板したヤクルト・村中=メットライフドーム (撮影・山田俊介)

4番手で登板したヤクルト・村中=メットライフドーム (撮影・山田俊介)【拡大】

 (セ・パ交流戦、西武7-4ヤクルト、2回戦、1勝1敗、13日、メットライフ)ヤクルトは六回に三つの押し出し四球を与えるなど、投手陣が崩れて連勝が3で止まった。小川監督は「ピッチャーが点を取られてしまった」と嘆いた。

 打線が終盤に追い上げたが、相手先発のプロ2年目の今井には六回まで1得点に抑えられた。小川監督は「球威があって、思ったよりも制球が良かった」と話し、青木も1安打を放ちながらも「すごいと思う。まだ19歳。大学2年生くらい。(当時の自分なら)絶対に打てない」とたたえた。

ブキャナン(六回途中6失点で4敗目)「高めに浮く球が多く、うまくアウトを取っていけなかった」

川端(今井に3打数無安打)「際どいところを攻められた。いいピッチャー」

試合結果へ

  • 3番手で登板したヤクルト・風張蓮=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 2番手で登板したヤクルト・松岡=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 2回、二塁打を放つヤクルト・西浦=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 2回、得点に繋がる二塁内野安打を放つヤクルト・井野=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
  • 3回、ヤクルト・井野の内野安打と西武・山川の失策で生還するヤクルト・西浦=県営大宮球場(撮影・山田俊介)
  • 3回、ヤクルト・井野の内野安打と西武・山川の失策で生還する西浦=メットライフドーム(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、連勝が3でストップ 小川監督「ピッチャーが点を取られてしまった」