2018.6.13 14:23

日本ハム・清宮、2試合ぶり11号2ラン 右翼席後方防球ネットへ125メートル弾

日本ハム・清宮、2試合ぶり11号2ラン 右翼席後方防球ネットへ125メートル弾

特集:
2018新人情報
清宮幸太郎
4回、勝ち越し二塁打を放つ日本ハム・清宮=森林どり泉(撮影・土谷創造)

4回、勝ち越し二塁打を放つ日本ハム・清宮=森林どり泉(撮影・土谷創造)【拡大】

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(19)=早実高=が13日、イースタン・リーグ、楽天戦(仙台森林どり泉)に「3番・一塁」で先発し、2試合ぶりの一発となる右越え11号2ランを放った。

 楽天の先発は育成選手の横山。一回無死一、二塁で迎えた第1打席は空振り三振に倒れたが、2-3で迎えた三回無死一塁の第2打席で豪快な一撃を見舞った。右翼後方の防球ネットの上部に当たる推定125メートルにスタンドからはどよめきが上がった。

 これで5月28日の2軍降格以降、10戦7発と量産。前日の同楽天戦では3打数無安打に終わり、「全然だめ」と口にしていたが、翌日にしっかり結果を出した。

  • 3回、逆転2ランを放ち笑顔でベンチへ戻る日本ハム・清宮(右)=森林どり泉(撮影・土谷創造)
  • 3回、逆転2ランを放ちベンチで迎えられる日本ハム・清宮(左)=森林どり泉(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハム・清宮、2試合ぶり11号2ラン 右翼席後方防球ネットへ125メートル弾