2018.6.12 12:16

ロッテが「ピンクリボン活動」 23日の西武戦で一、二、三塁ベースをピンク色デザイン

ロッテが「ピンクリボン活動」 23日の西武戦で一、二、三塁ベースをピンク色デザイン

ピンクリボンTシャツで来場を呼びかけた井口監督

ピンクリボンTシャツで来場を呼びかけた井口監督【拡大】

 ロッテは12日、女性ファンを対象に「スーパーレディースデー」として行われる23日の西武戦(ZOZOマリン、午後2時開始)で乳がんの撲滅や検診の早期受診、乳がん体験者と家族の支援を啓発・推進する「ピンクリボン活動」に取り組むと発表した。

 当日は井口資仁監督、鳥越裕介ヘッドコーチによる募金活動(12時35分~同55分、球場正面特設ブース)をはじめ、球場外周に設置される「愛基金ピンクリボン啓発ブース」で乳がんのセルフチェック(午前10時~午後2時、球場正面特設ブース)を実施。また当日の試合では一、二、三塁ベースをピンク色のデザインに変更し、試合終了後写真を撮る「ピンクベースフォトセッション」も行う。井口監督は「愛基金ではスポーツを通じてさまざまな社会貢献活動を行っています。大切なのは早期発見、早期受診、早期治療です。皆さん、定期検診を受けましょう! またピンクのベースを使用して試合を行いますので、ぜひ球場にお越しください」とコメントした。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. ロッテが「ピンクリボン活動」 23日の西武戦で一、二、三塁ベースをピンク色デザイン