2018.6.12 22:52

ソフトバンク、連続失策で悪い流れ…昨季は鉄壁守備も今季はほころび

ソフトバンク、連続失策で悪い流れ…昨季は鉄壁守備も今季はほころび

大量失点に渋い表情のソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)

大量失点に渋い表情のソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク2-8巨人、1回戦、巨人1勝、12日、ヤフオクD)ソフトバンクは二回に無死から松田、明石が連続失策し、この回4失点の悪い流れを作った。三塁手で6年連続ゴールデングラブ賞を狙う松田は、打球の正面に入ったがはじいてしまい「(球が)横に外れた。前で止められるようにしないといけない」と反省した。

 チームは昨季38失策でプロ野球新記録となるシーズン守備率9割9分3厘を打ち立てたが、今季は58試合を終えて26失策とほころびが生じている。工藤監督は「誰もやろうとしてやっているわけではない。練習してもらうのが一番」と話した。

明石(二回に失策)「(練習など)できることをしていきたい」

ソフトバンク・藤本打撃コーチ(2得点の打線に)「三回で勝負が決まってしまったからね。明日(13日)は点を取って勝つ」

試合結果へ

  • 8回、適時打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 3回本塁打を浴び、両膝に手を置くソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 先発のソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク、連続失策で悪い流れ…昨季は鉄壁守備も今季はほころび