2018.6.10 16:35

ヤクルト、バレンティンが5打点の活躍で2連勝! 小川が7回1失点で2勝目

ヤクルト、バレンティンが5打点の活躍で2連勝! 小川が7回1失点で2勝目

先発のヤクルト・小川=神宮球場(撮影・長尾みなみ)

先発のヤクルト・小川=神宮球場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ヤクルト9-5オリックス、3回戦、ヤクルト2勝1敗、10日、神宮)ヤクルトは雨が振り続ける中、オリックスに打ち勝ち、2連勝。交流戦は9勝2敗とし、首位を守った。4番のウラディミール・バレンティン外野手(33)が三回に16号3ランを放つなど2安打5打点の活躍で打線をけん引。先発の小川泰弘投手(28)は7回4安打1失点で今季2勝目(2敗)を挙げた。

 ヤクルトは一回、二死満塁から荒木がオリックスの先発、D1位・田嶋(JR東日本)から左中間に3点二塁打を放ち先制した。三回には無死二、三塁からバレンティンが左翼席へ16号3ランを放ち6-0とした。四回には一死満塁からバレンティンが中前2点打を放ち8-0。オリックスは五回に無死一、三塁からT-岡田が放った打球を相手三塁手がエラーし、その間に走者が生還し1点を返した。

 ヤクルトは八回、田代の1号ソロで1点を追加した。

 ヤクルトは九回に3番手・風張が4点を失ったものの、5番手・石山が後続を断って逃げ切った。

 2勝目を挙げた小川は試合後、「序盤から野手の人が大量援護してくれた。天候も悪かったが集中力を持って、強気でいこうということだけを考えて投げた」と振り返った。雨が振り続ける中でのマウンドも「逃げるのではなく、攻める気持ちを前面に出した投げた結果がよかった」。この日は7回で97球を投げ「いつも、最後まで投げたいという気持ちは持っている。次は8回、9回と役割を果たせればいい」と完投勝利に意欲をのぞかせた。

  • 1回3点適時二塁打を放つヤクルト・荒木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 1回3点適時二塁打を放ち、二塁でガッツポーズを見せるヤクルト・荒木=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 1回左二塁打を放つヤクルト・山田哲=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 1回バレンティンの三ゴロで本塁に突入するもアウトになるヤクルト・山田哲(左)=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 3回、3点本塁打を放つヤクルト・バレンティン=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 3回右二塁打を放つヤクルト・川端=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
  • 5回終了後音楽に合わせて一輪車を転がしグラウンド整備を手伝う?つば九郎=神宮球場(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、バレンティンが5打点の活躍で2連勝! 小川が7回1失点で2勝目