2018.6.10 16:58

巨人D3・大城が代打で劇的プロ初のサヨナラ打 パ首位の西武に2連勝

巨人D3・大城が代打で劇的プロ初のサヨナラ打 パ首位の西武に2連勝

9回、サヨナラ打を放つ巨人・大城=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

9回、サヨナラ打を放つ巨人・大城=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・パ交流戦、巨人-西武、3回戦、巨人2勝1敗、10日、東京D)巨人が今季初のサヨナラ勝ちを収め、西武に2連勝。九回一死満塁、代打で出場したD3位・大城(NTT西日本)が西武・増田から右越えにプロ初のサヨナラ打を放った。

 西武・増田の低めの速球を大城が振りぬいた。打球は右翼手・斉藤のグラブの上を越えた。大仕事をやってのけた大城は巨人ナインのウオーターシャワーをうれしそうに浴びた。

 巨人は内海、西武はウルフが先発した日曜日。巨人は一回、坂本勇が2戦連発となる先頭打者本塁打を右翼席に放ち、先制点を奪った。二回には亀井が右越え5号ソロを放ち、1点を追加。西武は三回二死二塁で秋山が左前適時打を放ち、1点を返した。四回には一死二塁から、外崎の適時打で同点に追いついた。

 巨人は九回に先頭の岡本が投手強襲内野安打を放つと、阿部の犠打で一死二塁。亀井は申告敬遠で一、二塁。この後、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)は三塁内野安打で満塁。最後は小林に代わって打席に入った大城のバットが試合を決めた。

 先発の内海は7回7安打2失点。八回はマシソン、九回はカミネロとつないだ。

試合結果へ

  • 9回サヨナラ打を放った巨人・大城=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 9回、サヨナラ打を放ちナインに水をかけられる巨人・大城=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 9回、サヨナラ打を放った巨人・大城=東京ドーム(撮影・今野顕)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 巨人D3・大城が代打で劇的プロ初のサヨナラ打 パ首位の西武に2連勝