2018.6.10 08:00

【真中満氏 満点ど真ん中】さすが内角打ちの名手・坂本勇!!

【真中満氏 満点ど真ん中】

さすが内角打ちの名手・坂本勇!!

特集:
真中満氏 満点ど真ん中
坂本勇人
7回、3点本塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・今野顕)

7回、3点本塁打を放つ巨人・坂本勇=東京ドーム(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・パ交流戦、巨人8-5西武、2回戦、1勝1敗、9日、東京D)チームリーダーと大ベテランの2発。巨人にとっては、勢いのつく勝ち方になった。

 坂本勇はさすがに内角打ちの名手だけはある。浮き上がってくるように見え、しかもナチュラルにシュートして食い込んでくる、西武・多和田の独特な内角ストレートを、逆らわずにセンター中心の意識で、押し込んで、逆転3ランにした。

 阿部の駄目押し3ランは、フルカウントからの平井の真ん中高めのストレート。無死一、三塁で、外野フライでも1点が入る。さらに、西武内野陣は極端な前進守備を敷いておらず、内野ゴロの併殺でも1点が見込める。精神的には比較的、楽な場面で、あの球を打ち損じる阿部ではない。

 巨人はこれで、セ・リーグのチームの全勝をも完成させた。ムード的にも、逆襲に転じるきっかけにしたい。

 逆に西武サイドには、もったいなさも残る。坂本勇の直前、代打の田中俊には慎重になりすぎて四球。そして坂本勇には、大胆にも内角ストレートを2球。攻め方が逆だろう。また、阿部に打たれてから左の亀井に左腕・小石を投入するのなら、阿部に小石をぶつける選択肢もあったのではないか。ベンチに身を置いていた自分としては、そこは気になった。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【真中満氏 満点ど真ん中】さすが内角打ちの名手・坂本勇!!