2018.6.9 22:40

西武・中村が今季初本塁打 「打てて良かった」と淡々

西武・中村が今季初本塁打 「打てて良かった」と淡々

8回、本塁打を放った西武・中村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

8回、本塁打を放った西武・中村=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・パ交流戦、巨人8-5西武、2回戦、1勝1敗、9日、東京D)西武の中村が今季77打席目でようやく1号本塁打を放った。3-5と逆転された直後の八回1死無走者で沢村の速球を左中間席に運んだ。待望のアーチにも「打てて良かった」と淡々と振り返った。

 これで交流戦は通算182打点となり、DeNAのラミレス監督が現役時代にマークした通算最多記録まであと1に迫った。「これからも打てるように」と先を見据え、引き揚げた。

辻監督(多和田に)「五回くらいからは力も抜けて良かった。七回の二つ目の四球が一番痛かった」

外崎(四回に6号ソロ)「(田口が)1打席目で思ったより内角に来なかったので、いつも通りにいこうと思った。調子はまだ波がある感じ」

試合結果へ

  • 8回、ソロ本塁打を放った西武・中村=東京ドーム(撮影・今野顕)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・中村が今季初本塁打 「打てて良かった」と淡々