2018.6.8 13:00(1/2ページ)

【球界ここだけの話(1295)】ただいま“春男”から“夏男”へ脱皮中、ロッテ・井上は打って走って?5年目の覚醒

【球界ここだけの話(1295)】

ただいま“春男”から“夏男”へ脱皮中、ロッテ・井上は打って走って?5年目の覚醒

特集:
サンスポ記者の球界ここだけの話
ステップアップを目指す5年目のロッテ・井上

ステップアップを目指す5年目のロッテ・井上【拡大】

 開幕2戦目のお立ち台での“公約”だった。

 「春男から脱皮します!」

 5年目を迎えたロッテの井上晴哉内野手が、大きくステップアップしようとしている。

 自他ともに“春男”ではあった。1年目の2014年に開幕4番スタメンという衝撃のデビューを飾ったが、結局、出場は36試合、2本塁打にとどまった。オープン戦から4月までは調子がいいのだが、5月の声を聞くと降下していく。実際に2年目はわずか5試合(本塁打なし)、3年目も35試合で2本塁打、4年目は35試合で本塁打なし。

 ところが今季はすでに7日現在で出場52試合、7本塁打。これだけでもキャリアハイを更新中なのだ。昨季までは「打てない」→「スタメン落ち」→「出場機会減」→「2軍落ち」-。井上自身も「悪循環になっていた」と振り返る。

 角中の出遅れで開幕4番を務めた今季、大きかったのは井口監督の存在にほかならない。ちょっと調子が落ちれば「スイングが小さくなっている。ロングティーをやったらどうだ?」とアドバイスした日に本塁打が出たこともある。

 もちろん、打てない日もある。それでも井上は「いいときと悪いときの波を少なくしたい。打てないときもあるけど、試合に出て安打が出ればどうにかなる」と何かをつかみかけている。スタメンを新外国人のドミンゲスに譲った試合もあるが、再び返り咲いている。井上が活躍しても、井口監督は「アイツはあんなもんじゃない」となかなかほめない。そんな期待に、歯を食いしばって応えようとしている。

 ウエートで状態を維持したり、技術的なアレンジも当然している。ただ、何より変わったのは気持ちの持ちようではないか。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. 【球界ここだけの話(1295)】ただいま“春男”から“夏男”へ脱皮中、ロッテ・井上は打って走って?5年目の覚醒