2018.6.4 05:05(1/3ページ)

上林、弾!弾!弾!で鷹6連勝導いた「アンビリーバボーですね」

上林、弾!弾!弾!で鷹6連勝導いた「アンビリーバボーですね」

三回、右越えに3試合連続本塁打となる6号2ランを放った上林(撮影・仲道裕司)

三回、右越えに3試合連続本塁打となる6号2ランを放った上林(撮影・仲道裕司)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク7-5DeNA、3回戦、ソフトバンク3勝、3日、ヤフオクD)3日連続のハイタッチに、本人が一番驚いた。ソフトバンクが負けなしの交流戦6連勝。不思議そうに目を丸くした上林がこの3連戦の主役だ。

 「ちょっと、アンビリーバボーですね。本当にどうしたんだろう」

 4-2の三回一死一塁で初球の直球を右翼席中段へ。自身初の3試合連続となる6号2ランで石田をKOした。一回二死一、三塁では同点中前打。「きのうと一昨日はスライダーを打ったので案の定。(一回は)4球連続で直球でしたね」。完全にDeNAバッテリーを上回った。

 「本当にたまたま。本塁打の数をみてもらえば分かると思いますけど」

 3戦連発を謙遜も、目をかけている王球団会長は「上がったら本当に飛ぶね。コツをつかめば30本とか40本打てる」と弾道にほれ直した。2本は中段まで運び、1本は弾丸ライナー。将来の主砲候補に本格化の雰囲気が漂った。

 「甲子園で打てなくて悔しかったので」

【続きを読む】

  • お立ち台で松田(右)と並んで「アツオー!!」。上林にはまだ照れがある?
  • 7回、この試合2本目の本塁打を放ち喜ぶソフトバンク・松田=ヤフオクドーム
  • お立ち台で笑顔を見せるソフトバンク・松田(右)、上林=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 7回、本塁打を放つソフトバンク・松田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・モイネロ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 3回、本塁打を放つソフトバンク・上林=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 3回、本塁打を放つソフトバンク・松田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 2回、適時打を放つソフトバンク・西田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 1回、適時打を放つソフトバンク・上林=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 上林、弾!弾!弾!で鷹6連勝導いた「アンビリーバボーですね」