2018.6.3 20:17

広島、投手陣が踏ん張れず 先発の九里「自分のボール投げ切れなかった」

広島、投手陣が踏ん張れず 先発の九里「自分のボール投げ切れなかった」

先発の広島・九里=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

先発の広島・九里=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ロッテ7-5広島、3回戦、ロッテ2勝1敗、3日、ゾゾマリン)広島は投手陣が踏ん張れず、3カード続けて3連戦に負け越した。先発の九里は5-3の六回2死三塁で、井上に適時打、続く鈴木に同点三塁打を浴びて降板し「自分のボールを投げ切れなかった」と唇をかんだ。

 救援した今村も2者連続適時打を許し、この回計4点を奪われて逆転された。緒方監督は「そうなったのは、こちらの代えるタイミングが遅れたから。采配ミス」と自らを責めた。

鈴木(六回に同点三塁打)「感触が良かったのでスタンドまでいったと思った。投手との間が取れるようになってきた」

土肥(四回途中3失点)「まず直球がしっかり投げられず相手に怖さを与えられなかった。変化球は腕が振れなかった」

今村(六回途中に登板して2者連続適時打を浴び)「僕のミス。もっと厳しくいけたんじゃないかというのはある」

松山(3安打1打点)「状態はいいと思うので、もっと勝てるようにしていきたい」

広島・畝投手コーチ(六回に崩れて降板した九里に)「リードしていたし、そのまま(六回は)投げきってほしかった」

試合結果へ

  • 1回、先制の適時打を放つ広島・鈴木=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
  • 1回、適時打を放つ広島・松山=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
  • 4回、同点の適時打を放つ広島・会沢=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
  • 5回、敵失の間に勝ち越しの生還を果たした広島・鈴木=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
  • 6回、ロッテ・鈴木に同点打を浴びる広島・九里=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島、投手陣が踏ん張れず 先発の九里「自分のボール投げ切れなかった」