2018.5.31 21:57

ソフトバンク、阪神相手に3連勝! 中田が八回途中2失点で3勝目

ソフトバンク、阪神相手に3連勝! 中田が八回途中2失点で3勝目

試合に勝利し、喜ぶソフトバンクナイン=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

試合に勝利し、喜ぶソフトバンクナイン=甲子園球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・パ交流戦、阪神2-5ソフトバンク、3回戦、ソフトバンク3勝、31日、甲子園)ソフトバンクが敵地で阪神に3連勝。先発した中田賢一投手(36)が7回2/3を投げ2安打2失点の好投で3勝目(2敗)を挙げた。打っては四回にアルフレド・デスパイネ外野手(31)が右中間適時二塁打を放って先制すると、八回に4点を追加し、逃げ切った。

 ソフトバンクは四回、一死一、三塁でデスパイネが阪神先発・秋山から右中間に適時二塁打を放ち先制した。八回には一死一塁から中村晃の右越え適時三塁打で追加点。なおも一死満塁から、松田が阪神の3番手・岡本から押し出し四球を選び3-0とした。なおも二死満塁から甲斐の左前2点打で5-0とした。

 先発の中田は八回に一死満塁のピンチで板山に中犠飛を許した。この後、糸原に四球を与えて再び満塁としたところで降板した。このピンチに2番手・加治屋が阪神の反撃を1点にとどめ九回へ。最後は森が無失点で試合を締めた。

 中田は試合後「最初からいい形でいけていた。一人一人と思って区切って投げていったのがよかった」と充実感を漂わせた。「(捕手の)甲斐と『次の回はどうする』って毎回話しながらやっていったのがいい結果につながった」と女房役に感謝。4月21日の日本ハム戦(札幌D)以来の3勝目に「1イニングでも長くということを、考えている。きょうも回の途中で代わってしまったので、次の課題です」と気を引き締めた。

試合結果へ

  • 9回、登板するソフトバンク・森=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • 8回、選手交代を告げるソフトバンク・工藤監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
  • 8回、適時打を放つソフトバンク・甲斐=甲子園球場(撮影・村本聡)
  • 7回を終え、通算1500投球回を達成し花束を受け取るソフトバンク・中田(中央)=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク、阪神相手に3連勝! 中田が八回途中2失点で3勝目