2018.5.31 21:58

広島は今季ワーストの大敗…薮田、打者14人8安打の猛攻浴び「完全に力負け」

広島は今季ワーストの大敗…薮田、打者14人8安打の猛攻浴び「完全に力負け」

2回 西武・秋山に3点本塁打を浴びた先発の広島・薮田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

2回 西武・秋山に3点本塁打を浴びた先発の広島・薮田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (セ・パ交流戦、広島7-12西武、3回戦、西武2勝1敗、31日、マツダ)今季ワーストの大敗を喫した広島は二回の10失点が重くのしかかった。制球難で2軍落ちし、4月30日以来の復帰登板だった薮田は打者14人、8安打の猛攻を浴び、一気に主導権を握られ「10点も取られたら何も言えない。完全に力負け。力不足」とうなだれ、再び2軍調整が決まった。

 ただ、前夜の逆転サヨナラ劇に続いて攻撃陣は最後まで諦めず、10安打で7点を奪った。緒方監督も「序盤からこういう展開になってファンには申し訳ないけど、最後まで野手がしっかり攻撃してくれた」と前向きに捉えた。

鈴木(先制打を含む3安打)「なかなかあの点差から勝つのは難しいけど、少しでも諦めない姿勢を見せられた」

試合結果へ

試合結果へ

  • 先発の広島・薮田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 2回だけで10失点の先発の広島・薮田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 選手交代を告げる広島・緒方監督=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 8回、代打の広島・新井が2点適時打を放つ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • ベンチで試合を見守る広島・薮田=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 2回、西武・栗山の飛球を落とし、ボールを追いかける中堅手の広島・丸=マツダ
  • 1回、先制適時打を放つ広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島は今季ワーストの大敗…薮田、打者14人8安打の猛攻浴び「完全に力負け」