2018.5.30 15:55

東洋大が完封リレー 上茶谷「外の緩急が良かった」/東都

東洋大が完封リレー 上茶谷「外の緩急が良かった」/東都

先発した東洋大・上茶谷大河=神宮球場(撮影・田村亮介)

先発した東洋大・上茶谷大河=神宮球場(撮影・田村亮介)【拡大】

 東都大学野球リーグ最終週第2日は30日、神宮球場で2回戦1試合が行われ、東洋大が亜大を1-0で下して1勝1敗とした。東洋大は31日の3回戦で勝って勝ち点を獲得すれば3連覇、敗れると国学院大の2010年秋以来の優勝が決まる。

 負ければ優勝が消える東洋大は踏みとどまった。1回戦で負け投手になった上茶谷は「やり返すチャンスをもらえた。外の緩急が良かった」と冗舌だった。

 2日連続で中村稔とのエース対決となり「さらに気合が入った」。緊迫した展開の中でも落ち着きを失わず、杉本監督は「先発は迷わなかった。六回まで頑張ってくれた」と褒めた。就任1年目での優勝がかかる3回戦へ「初めて王手をかけられた。明日も(亜大は)中村君、うちは上茶谷」と3日連続の投げ合いを確信していた。

亜大・生田監督(六回無死一、二塁で中堅手がわざと完全捕球せずに落球して併殺を狙ったが、判定は完全捕球)「このために練習してきたプレーなので残念。大事な試合でアウトを1個取れなかった」

試合結果へ試合日程へ

  • 先発した東洋大・上茶谷大河=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 7回からリリーフでマウンドに上がった東洋大・甲斐野央=神宮球場(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東洋大が完封リレー 上茶谷「外の緩急が良かった」/東都