2018.5.26 19:15

富士大が9季連続32度目の優勝 八戸学院大と北東北大学の優勝決定戦

富士大が9季連続32度目の優勝 八戸学院大と北東北大学の優勝決定戦

八戸学院大との優勝決定戦を制し、9季連続32度目のリーグ優勝を飾った富士大ナイン(撮影・井上幸治)

八戸学院大との優勝決定戦を制し、9季連続32度目のリーグ優勝を飾った富士大ナイン(撮影・井上幸治)【拡大】

 北東北大学野球春季リーグ戦は26日、岩手・八幡平市の八幡平市総合運動公園野球場で富士大と八戸学院大の優勝決定戦が行われ、富士大が8-1で八回コールド勝ち。リーグ記録に並ぶ9季連続32度目の優勝を決めた。

 富士大はリーグ戦4週を終え、首位の八戸学院大に2勝差をつけられたが、最終週の直接対決で連勝。8勝2敗でこの日の優勝決定戦に持ち込んだ。試合は一回に一挙5点を奪い優位に立ち、先発の村上英投手(4年)が6安打で完投した。

 打っては4番・佐藤龍世内野手(4年)が先制打含む4安打3打点と大暴れ。ドラフト候補の右の大砲は「優勝してホッとした。全国でも自分が打って勝ちたい」と胸を張った。

 富士大は来月11日からの全日本大学選手権1回戦で中京大(愛知大学連盟)と対戦する。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 富士大が9季連続32度目の優勝 八戸学院大と北東北大学の優勝決定戦