2018.5.18 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】阪神・ロサリオは気持ちの切り替え必要

【上田二朗 サブマリン斬り】

阪神・ロサリオは気持ちの切り替え必要

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
2回、三振に倒れた阪神・ロサリオ=甲子園球場(撮影・甘利慈)

2回、三振に倒れた阪神・ロサリオ=甲子園球場(撮影・甘利慈)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-6DeNA、7回戦、阪神5勝2敗、17日、甲子園)

 今のロサリオは打撃も守備もどん底だ。

 八回の最後の打席。ロサリオは外角スライダーにヤマを張っているところ、ど真ん中にきた甘い球をぼう然と見逃してしまっていた。あれをさばけなければ、今はどんな球も打てない。迷って迷って暗中模索という感じ。

 守備も「見ての通り」と言うしかない。何をバタバタしているのか。攻守ともに、試合後に監督が評価するレベルにも達していない。

 まずは気持ちの切り替えが必要。打順を変える、スタメン落ちなど考えられるが、それは監督が判断すること。ただ、どん底からは上昇しかない。その時期が少しでも早くなるよう、支えていってほしい。

 秋山は珍しく球が高く甘く入っていた。さらに惜しまれるのは五回一死二塁、ロペスを迎えた場面。初球、大きく外して「歩かすのかな」と思ったら、次のナックルカーブを左翼席に運ばれた。実は前日(16日)も同様のケースで岩貞がロペスに痛恨の適時打を浴びている。

 制球に苦しむ中で、なぜ一番制球しにくい緩い球を選んだのか。直前に投手コーチがマウンドまでいって、ベンチの指示は徹底できていたのか。2日連続で同じ過ち。この試合で一番痛いミスだった。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【上田二朗 サブマリン斬り】阪神・ロサリオは気持ちの切り替え必要