2018.5.18 05:00

初登板のD5・渡辺が粘るも…ロッテ、借金ワースト6

初登板のD5・渡辺が粘るも…ロッテ、借金ワースト6

特集:
2018新人情報
1回、無死満塁のピンチを作ったロッテ・渡辺(左から2人目)に集まるナインら=ZOZOマリンスタジアム (撮影・佐藤雄彦)

1回、無死満塁のピンチを作ったロッテ・渡辺(左から2人目)に集まるナインら=ZOZOマリンスタジアム (撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 (パ・リーグ、ロッテ3-6オリックス、8回戦、オリックス5勝3敗、17日、ゾゾマリン)同点の九回に守護神・内が打ち込まれて3連敗。借金は今季ワーストの6になった。プロ初登板のD5位・渡辺(NTT東日本)が二回に失策も絡んで3点を奪われながらも粘投。5回8安打3失点(自責1)にまとめたが、報われなかった。「三回以降は今の力を出せた」と渡辺。井口監督も「しっかり腕を振って投げていた。次の登板が楽しみ」と合格点を与えた。

試合結果へ

  • 1回、先発のロッテ・渡辺=ZOZOマリンスタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 9回表オリックス・小田に中適時打を打たれマウンドで呆然とするロッテ・内(中央)=ZOZOマリンスタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 試合終了直後、悔しさをにじませた表情をみせるロッテ・井口監督(左)=ZOZOマリンスタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 8回ロッテ2死三塁、打者加藤のとき、山本(43)の暴投で荻野が同点の生還=ZOZOマリン
  • 2回、適時三塁打を打つロッテ・清田=ZOZOマリンスタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 5回、内野への適時打を打つロッテ・藤岡裕=ZOZOマリンスタジアム(撮影・佐藤雄彦)
  • 2回、オリックス・吉田正の飛球をロッテの遊撃手藤岡裕(4)が落球。2者の生還を許した=ZOZOマリン
  • オリックス戦に先発したロッテ・渡辺=ZOZOマリン
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ロッテ
  5. 初登板のD5・渡辺が粘るも…ロッテ、借金ワースト6