2018.5.18 08:00

【野村弘樹ウイニングショット】今季初登板のDeNA・平良の踏ん張りは頼もしい

【野村弘樹ウイニングショット】

今季初登板のDeNA・平良の踏ん張りは頼もしい

先発のDeNA・平良=甲子園球場(撮影・松永渉平)

先発のDeNA・平良=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-6DeNA、7回戦、阪神5勝2敗、17日、甲子園)DeNAは4勝を挙げている京山がいない中、平良で連勝できたのは大きい。

 福留に喫した本塁打は球が少し浮いたところを捉えられたが、それ以外は低めに丁寧に投げていた。今季初登板であることを考えると、六回途中1失点は“御の字”だ。

 若い投手の踏ん張りは頼もしい限りだが、ラミレス監督が六回以降も信頼して任せているのは、現状では東だけ。早めの継投が続き、リリーフ陣に登板過多の影響が感じられる。出ていく投手は“先発がまだ投げられるのでは”と思っているのではないだろうか。今後も監督の方針は変わらないだろうし、しっかりと受け入れて頑張るしかない。

 打線は、2試合続けて無安打に終わった筒香の状態が心配。とはいえ、実績のある打者なので、必ず復調してくる。今は前後を打つロペスと宮崎の調子がいいので、クリーンアップという大きな枠で考えれば、焦ることはない。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【野村弘樹ウイニングショット】今季初登板のDeNA・平良の踏ん張りは頼もしい