2018.5.17 05:02

ダル、今季初勝利お預け…右足違和感を相談したら降板「言わなきゃよかった」

ダル、今季初勝利お預け…右足違和感を相談したら降板「言わなきゃよかった」

特集:
ダルビッシュ有
右ふくらはぎをもむダルビッシュ。四回を投げ終えたところで交代となった(共同)

右ふくらはぎをもむダルビッシュ。四回を投げ終えたところで交代となった(共同)【拡大】

 ブレーブス2-3カブス(15日、アトランタ)インフルエンザのような症状で故障者リスト入りしていたカブスのダルビッシュ有投手(31)は、2日(同3日)以来の先発登板で4回を3安打1失点。今季初勝利を逃したが、チームは3-2で勝った。

 「言わなきゃよかった、本当に」

 四回まで好投しながら右ふくらはぎをつりかけ、マドン監督に相談したところ降板を命じられた。不本意な形で白星への挑戦権を失い、悔しさをにじませた。

 療養中は食事もままならず、体重や筋力が低下していた。そんな中での異変に、マドン監督は「病み上がりだし(続投は)賢くないと思った」と速い決断を下した。

 ただ、ダルビッシュは登板間隔が空いたことでフォームを見つめ直し、重心の位置などを微修正できたという。6年の大型契約で加入しながら、まだ白星なし。「次が楽しみという感じがする」という声はやや鼻声だったが、確かな手応えも得た様子だった。(共同)

試合結果へダルの成績へ

  • ブレーブス戦の4回を終え、ベンチでマドン監督(左)に迎えられるカブスのダルビッシュ。このまま降板した=アトランタ(共同)
  • ブレーブス戦の3回、一塁ベースカバーに走るカブスのダルビッシュ=アトランタ(共同)
  • ブレーブス戦の4回、インシアルテ(奥)に同点ソロを浴びたカブス・ダルビッシュ=アトランタ(共同)
  • ブレーブス戦に先発したカブスのダルビッシュ=アトランタ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. ダル、今季初勝利お預け…右足違和感を相談したら降板「言わなきゃよかった」