2018.5.16 18:59

国学院大・鳥山監督「甘い野球が顔を出した」 四球と失策が失点につながる/東都

国学院大・鳥山監督「甘い野球が顔を出した」 四球と失策が失点につながる/東都

 東都大学野球リーグ第6週第2日は16日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、亜大は国学院大を8-6で、立正大は東洋大を7-3でそれぞれ破った。いずれも連勝で勝ち点2とした。

 亜大は一回に頓宮の2ランなどで4点を先制し、7回にも3点を加えて逃げ切った。立正大は糸川が7回3失点でリーグ戦初先発初勝利を挙げた。

国学院大・鳥山監督(一回に四球と失策が失点につながり)「甘い野球が顔を出した。そういう野球をやっていたら勝ち点は取れない」

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 国学院大・鳥山監督「甘い野球が顔を出した」 四球と失策が失点につながる/東都