2018.5.16 18:59

東洋大・杉本監督、3季連続優勝足踏みも「自力で決める」/東都

東洋大・杉本監督、3季連続優勝足踏みも「自力で決める」/東都

7回から登板した東洋大・甲斐野=神宮球場(撮影・矢島康弘)

7回から登板した東洋大・甲斐野=神宮球場(撮影・矢島康弘)【拡大】

 東都大学野球春季リーグ第6週第2日(16日、立正大7-3東洋大、神宮)勝ち点3で首位の東洋大が連敗を喫した。先発の村上が五回途中までに2本の2ランを許すなど5失点。二、五回の失点は四球が絡んだ。杉本監督は「あんなに四球を出す投手ではない。もっと力を抜いた投球ができるんじゃないか」と改善を促した。

 3季連続優勝を決められる可能性があった今週は足踏みとなった。最終第8週の亜大戦に向け、杉本監督は「(勝ち点の)貯金がある。うちは自力で決められる」と気持ちを入れ替えた。

試合結果へ試合日程へ

  • 7回から登板した東洋大・甲斐野=神宮球場(撮影・矢島康弘)
  • 7回から登板した東洋大・甲斐野=神宮球場(撮影・矢島康弘)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東洋大・杉本監督、3季連続優勝足踏みも「自力で決める」/東都