2018.5.16 08:00

【黒田正宏 軍師の断】阪神・メッセ快投引き出した梅野の大胆内角攻め

【黒田正宏 軍師の断】

阪神・メッセ快投引き出した梅野の大胆内角攻め

特集:
黒田正宏 軍師の断
梅野隆太郎
梅野とがっちり握手を交わす阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・河田一成)

梅野とがっちり握手を交わす阪神・メッセンジャー=甲子園球場(撮影・河田一成)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-1DeNA、5回戦、阪神5勝、15日、甲子園)メッセンジャーの文句の付けようがない投球。それを引き出したのは、梅野リードだ。バッテリーの勝利と言っていいだろう。

 真骨頂は、2点先制した直後の七回無死一塁から筒香を迎えた場面。カウント1-1から内角へスライダー。フォークを2球挟んで、最後も内角へズバッとストレート。長打を警戒して勝負球は外角に来ると予測していた筒香は完全に意表を突かれて見送るしかなかった。

 好打者がそろうDeNA打線だが、ことしは要所要所で大胆に内角を攻める梅野の配球が功を奏している。メッセンジャーの球種すべてが素晴らしかったこともあるが、自信を持ってリードすれば結果はついてくる。同じような気持ちで広島、巨人相手にももっと大胆なリードをしてもらいたい。この2チームと対戦した時は、大胆さが影を潜める傾向がある。

 決勝打の原口が右の代打の切り札になりつつある。ということは、当面は梅野がマスクをかぶり続ける可能性が高い。信頼され続けるためには、この日のような攻めのリードを継続することだ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【黒田正宏 軍師の断】阪神・メッセ快投引き出した梅野の大胆内角攻め