2018.5.14 10:00

優勝決定戦いくぞ!富士大・丹野がサヨナラ打/東北スポーツ

優勝決定戦いくぞ!富士大・丹野がサヨナラ打/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ

 北東北大学野球第4週第2日(13日、種市オーシャンビュースタジアム)優勝に王手をかけていた首位の八戸学院大は、3位の青森大に8-1(七回コールド)で勝ち8連勝。先発の大道温貴投手(2年)が1失点で完投し今季4勝目を挙げた。2位の富士大は4位のノースアジア大に3-2のサヨナラ勝ち。

 負ければ優勝を逃す危機を、バットで救った。4番・丹野涼が一回の先制打に続き、九回一死三塁から右中間へサヨナラ打。打った瞬間に右手を掲げ「(勝利への)気持ちが出た」。次節の首位・八戸学院大戦で2連勝すれば優勝決定戦に持ち込める。「(優勝へ)3連勝しかないが思い切り戦って勝ちたい」と闘志をたぎらせた。

五回に代打でリーグ戦初出場。初打席初本塁打を放った富士大・山城響内野手(1年)「初出場なので何も考えず来た球を打った。自信になるし、この経験を生かしたい」

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 優勝決定戦いくぞ!富士大・丹野がサヨナラ打/東北スポーツ