2018.5.14 05:04(1/2ページ)

中日・松坂に異変…緊急降板 三回途中アクシデン投に東京D騒然

中日・松坂に異変…緊急降板 三回途中アクシデン投に東京D騒然

三回途中、マウンドで右足を気にする松坂(撮影・今野顕)

三回途中、マウンドで右足を気にする松坂(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人9-5中日、8回戦、巨人6勝2敗、13日、東京D)中日・松坂大輔投手(37)が13日の巨人戦(東京ドーム)に先発したが、三回途中、右ふくらはぎの強い張りを訴え、41球で緊急降板した。試合後、松坂は「大丈夫です」と軽症を強調し、予定通り「中6日」で20日の阪神戦(ナゴヤドーム)に先発登板することを志願した。14日の投手練習に参加して体調万全をアピールするつもりだ。

 東京ドームのスタンドがどよめいた。0-2で迎えた三回一死二塁。松坂は阿部を四球で歩かせたところで、右ふくらはぎの強い張りを訴え、わずか41球で緊急降板した。

 「試合前から張っていた。でも、長引くものでもない。病院にもいきません。僕は大丈夫です。あしたの練習にもいきます」

 試合後、大勢の報道陣に囲まれ、普段通りの足取りで歩きながら「大丈夫です」というフレーズを繰り返し、軽症を強調したあと、「(2番手の)笠原とかにも迷惑をかけて申し訳ない」と、この日の投球の不甲斐なさをわびた。

 一回先頭の坂本勇に初球の138キロ直球を左前に運ばれ、2番・吉川尚に投じた2球目、内角低めのカットボールを右翼席上段へたたき込まれた。わずか3球で2失点。二回は三者凡退で乗り切ったが、右ふくらはぎの張りが投球にも影響したようだ。

【続きを読む】

  • 3回、巨人・ゲレーロに安打を許した先発の中日・松坂=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 3回、右足の不安を訴えベンチに戻る先発の中日・松坂=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 3回、巨人・阿部に四球をだしたところでマウンドを降りる中日・松坂=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 3回、足を気にして降板する中日・松坂=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 3回、巨人・阿部に四球をだしたところでマウンドを降りる中日・松坂=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 3回、ベンチで厳しい表情の森監督(中央)と三振に倒れベンチに戻る中日・松坂=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 1回、巨人・坂本勇に安打を浴びる中日・松坂=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 1回、巨人・吉川尚に先制2点本塁打を浴びる中日・松坂=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 先発の中日・松坂=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 9回、適時打を放つ中日・高橋=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 9回、適時打を放つ中日・ビシエド=東京ドーム(撮影・大橋純人)
  • 5回、巨人・小林を二飛に打ち取る中日・藤嶋=東京ドーム(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂に異変…緊急降板 三回途中アクシデン投に東京D騒然