2018.5.12 18:37

ヤクルト、青木が押し出し四球選び延長戦制す 松岡が今季初勝利

ヤクルト、青木が押し出し四球選び延長戦制す 松岡が今季初勝利

投球するヤクルト・松岡=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)

投球するヤクルト・松岡=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA5-6ヤクルト=延長十一回、7回戦、ヤクルト5勝2敗、12日、横浜)ヤクルトは延長戦を制し、2連勝。延長十一回、一死満塁とすると、青木が押し出し四球を選び、競り勝った

 DeNAは浜口、ヤクルトは由規が先発した一戦。先制したのはヤクルトだった。一回、山田哲がフェンス直撃の中越え二塁打、西浦の犠打で一死三塁とすると、青木が右前に適時二塁打を放ち、山田哲が生還した。さらに一死一塁、二塁で坂口が右中間に2点打を放ち、この回3点を挙げた。

 DeNAは四回、ロペス、宮崎の2者連続本塁打など6安打を浴びせる猛攻で5点を奪い、逆転。ヤクルトは五回、一死二塁、三塁から大引が右前適時打を放ち1点を返すと、続く雄平の内野ゴロの間にバレンティンが生還し同点に追いついた。

 試合が動いたのは延長十一回。ヤクルトは一死満塁とすると、青木が押し出し四球を選び勝ち越し。その裏は十回から登板した7番手・松岡が2回を無失点で今季初勝利を挙げた。

試合結果へ

  • 1回、先制右適時打を放つヤクルト・青木=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 2回、左安打を放つヤクルト・山田哲=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 1回、中適時打を放ったヤクルト・坂口=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト、青木が押し出し四球選び延長戦制す 松岡が今季初勝利