2018.5.11 05:02(3/3ページ)

内海、14年連続勝利! 斎藤雅樹に並んだ巨人歴代3位

内海、14年連続勝利! 斎藤雅樹に並んだ巨人歴代3位

6回、マウンドを降りる巨人・内海=東京ドーム(撮影・森本幸一)

6回、マウンドを降りる巨人・内海=東京ドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 テレビで見つめた仲間へも届ける力投だ。「ファームで頑張っているベテランの選手もいっぱいいる。肩を寄せ合って、もう一回あそこ(1軍)に戻ろうと思っていた」。感慨深い通算129勝目。内海の2018年が、スタートした。 (赤尾裕希)

内海について巨人・高橋監督「粘り強く、いいピッチングだった。真っすぐで前半は押せていた。今年ずっと2軍でやっていたことを、出してくれたかなと思います」

同じく巨人・斎藤投手総合コーチ「ナイスピッチング。結果は最高だからね。勝ちも付いたし」

データBOX

 巨人・内海が今季初勝利で、2年目の2005年から14年連続勝利。巨人の投手では、槙原寛己の17年(1983-99年)、堀内恒夫の16年(66-81年)に次ぐ、斎藤雅樹(88-01年)と並ぶ歴代3位。プロ野球記録は23年連続で、工藤公康(西武など)、山本昌(中日)、三浦大輔(DeNA)がマーク。

試合結果へ

  • 久々の白星に内海(右)は斎藤投手コーチと笑顔で握手。14年連続勝利の記録を持つ2人の“共演”だ(撮影・荒木孝雄)
  • 巨人・宮国の肩をもむ巨人・内海=東京ドーム(撮影・森本幸一)
  • 先発の巨人・内海=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 内海哲也の年度別登板成績
  • 3回、3点本塁打を放った阿部を迎える巨人・内海=東京ドーム(撮影・森本幸一)
  • 1回、登板する先発の巨人・内海=東京ドーム(撮影・森本幸一)
  • 先発の巨人・内海=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)
  • 試合前に精神集中する巨人・内海=東京ドーム(撮影・今野顕)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 内海、14年連続勝利! 斎藤雅樹に並んだ巨人歴代3位