2018.5.11 22:26

DeNA・石田、本塁打に泣き3敗目 ラミレス監督は反省求める

DeNA・石田、本塁打に泣き3敗目 ラミレス監督は反省求める

6回 降板する先発のDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

6回 降板する先発のDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA3-7ヤクルト、6回戦、ヤクルト4勝2敗、11日、横浜)DeNAの石田の3失点は全て本塁打によるものだった。一回二死からバレンティンに場外弾を浴びると、三回は先頭打者の山田哲に初球をバックスクリーンまで運ばれた。3敗目を喫し「感覚的には悪くなかったが、本塁打のみの失点は悔いが残る」と唇をかんだ。

 打者に有利な強風が吹く状況下。ヤクルトの大砲2人に対し、ともに浅いカウントから変化球が浮いた点は不用意に映ったようでラミレス監督は「バレンティンに2球連続で変化球をストライクではやられてしまう」と反省を求めた。

試合結果へ

  • 3回マウンドで言葉を交わすDeNA・石田(左)と嶺井=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 1回ヤクルト・バレンティンに先制2ランを浴びたDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 力投するDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 先発のDeNA・石田=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA・石田、本塁打に泣き3敗目 ラミレス監督は反省求める