2018.5.9 23:33

中日・吉見、中5日でも好投 満塁のピンチも切り抜け「試合を楽しめた」

中日・吉見、中5日でも好投 満塁のピンチも切り抜け「試合を楽しめた」

6回、ストライクをとってもらえず座り込む中日・吉見=石川県立野球場(撮影・水島啓輔)

6回、ストライクをとってもらえず座り込む中日・吉見=石川県立野球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、中日3-2ヤクルト、8回戦、中日6勝1敗1分、9日、金沢)中日の吉見が6シーズンぶりとなる中5日での登板で、6回2安打1失点と好投した。低めに球を集める丁寧な投球で三回以降は無安打に封じた。六回に3四球で招いた満塁のピンチも切り抜け「試合を楽しめた」と満足げだった。

 中5日は「投げさせてもらえるならいきたい」と志願しての登板だった。今季は故障からの再起を目指す勝負の年。「やってきていることが間違いじゃないと自信になった」と晴れ晴れとした表情だった。

森監督(八回、決勝打の藤井に)「ベテランらしく最後はいいところで打ってくれた」

中日・朝倉投手コーチ(6回1失点の吉見に)「素晴らしかった。粘りのある投球を若手にも見習ってもらいたい」

試合結果へ

  • 2回、ヤクルト・古賀のスクイズを処理しに行き跪く中日・吉見=石川県立野球場(撮影・水島啓輔)
  • 先発の中日・吉見=石川県立野球場(撮影・水島啓輔)
  • 先発する中日・吉見=石川県立野球場(撮影・水島啓輔)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・吉見、中5日でも好投 満塁のピンチも切り抜け「試合を楽しめた」