2018.5.8 22:14

【試合結果】ソフトバンク・内川聖一、またも2000安打持ち越し…適時失策誘い先制点奪うも

【試合結果】

ソフトバンク・内川聖一、またも2000安打持ち越し…適時失策誘い先制点奪うも

1回、三邪飛に倒れたソフトバンク・内川=県営大宮球場(撮影・山田俊介)

1回、三邪飛に倒れたソフトバンク・内川=県営大宮球場(撮影・山田俊介)【拡大】

(パ・リーグ、西武0-5ソフトバンク、5回戦、西武3勝2敗、8日、大宮公園)プロ野球史上51人目の通算2000安打にあと1本に迫っているソフトバンク・内川聖一内野手(35)が「4番・一塁」で先発出場したが、5打数無安打。偉業達成はまたも持ち越しとなった。チームは5-0で快勝した。

 雨の大宮。内川のバットから快音は聞かれなかった。一回の第1打席は二死一塁の場面で回ってきたが、西武の先発、カスティーヨの前に三邪飛に倒れた。四回の第2打席では先頭で打席に立ったが、外角の変化球を打ち上げ一邪飛に倒れた。六回の第3打席では一死二塁と先制のチャンスだったが、外角の変化球を打ち上げてしまい一飛に倒れた。

 0-0で迎えた八回の第4打席。無死一、三塁と先制のチャンスで回ってきた。西武の3番手・ワグナーから放った打球は三塁方向へのボテボテの当たり。これを三塁手・外崎がファンブルし、三走が生還。失策で「H」ランプは点灯しなかったが、貴重な先制点をもたらした。

 5点リードの九回に迎えた第5打席では無死走者なしの場面で西武の5番手・平井の前に遊ゴロに倒れた。

試合結果へ

  • 9回、遊ゴロに倒れるソフトバンク・内川=県営大宮球場(撮影・山田俊介)
  • 8回、三塁手・外崎修汰の失策を誘う、三ゴロを放つソフトバンク・内川=県営大宮球場(撮影・山田俊介)
  • 6回、一飛に倒れ天を仰ぐソフトバンク・内川=県営大宮球場(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. 【試合結果】ソフトバンク・内川聖一、またも2000安打持ち越し…適時失策誘い先制点奪うも