2018.5.7 08:29

【試合結果】大谷翔平は6回0/3を2失点で3勝目 マリナーズ相手に6Kでエンゼルスは地区首位堅持

【試合結果】

大谷翔平は6回0/3を2失点で3勝目 マリナーズ相手に6Kでエンゼルスは地区首位堅持

特集:
大谷翔平
マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷=セーフコ・フィールド(撮影・リョウ薮下) 

マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷=セーフコ・フィールド(撮影・リョウ薮下) 【拡大】

 マリナーズ2-8エンゼルス(6日、シアトル)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)はマリナーズ戦に先発し、6回0/3を投げ6三振を奪うなど6安打2失点と好投し、3勝目(1敗)を挙げた。球数は98で3四死球、防御率は4・10。左足首捻挫の影響で4月24日(日本時間25日)以来、中11日の登板となったが、同じア・リーグ西地区のライバル球団相手に試合を作り、エ軍は首位を堅持した。

 気温21度のシアトル。心地いい陽気に誘われるように、大谷は前半、テンポよく投げ込んだ。一回は先頭のゴードンを二ゴロ。続くセグラはスライダーで空振り三振に仕留めた。注目のカノとの最初の対決はカーブで右飛に打ち取り、3者凡退の立ちあがりだった。

 二回、先頭のクルーズを空振り三振に仕留めたが、続くシーガーに中前打を浴びた。6番・ハニガーはスプリットで空振り三振、ヒーリーを四球で歩かせて二死一、二塁。この後、ズニーノを遊ゴロに抑え、ピンチをしのいだ。三回は9番・ギャメルをスライダーで空振り三振、ゴードンは右飛、セグラを二ゴロで3者凡退だった。

 四回は3番・カノを右飛、続くクルーズを一邪飛。この後シーガーに左前打を浴びたが、ハニガーをスライダーで空振り三振に仕留めた。この回は99マイル(159キロ)を計測した。五回は先頭のヒーリーを右飛、ズニーノはスライダーで空振り三振に仕留めた。この後ギャメルに内野安打を許し二死一塁。ゴードンに中前打を浴びたが、中堅手のトラウトが一走のギャメルを三塁で刺殺し、無失点で退けた。

 六回は先頭のセグラを中飛、カノを右飛。クルーズに死球を与えたが、シーガーを二ゴロに打ち取った。しかし、七回に崩れる。先頭のハニガーに中前打を浴びた後、ヒーリーにはスライダーを捉えられ2ランを浴びた。さらにズニーノを四球で歩かせたところで、ソーシア監督に降板を告げられた。 

 相手先発はメジャー通算164勝のエース右腕・ヘルナンデスだった。エ軍は二回、コザートの4号ソロ、ヤングの2号ソロで2点を奪った。六回にはリベラの右越え適時二塁打、トラウトが2番手・ブラッドフォードから12号3ランを放った。九回にも2点を奪い、突き放した。

大谷の話「なんとかゲームを作れたかなと思いますし、降り方に関しては良くなかったですけど、序盤に関してはしっかりゲームを組み立てていけたので、良かったかなと思ってます」

試合結果へ大谷の打撃成績へ大谷の投手成績へ

  • マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドで投げるエンゼルス・大谷=シアトル(共同)
  • マリナーズ戦に先発したエンゼルス・大谷=セーフコ・フィールド(撮影・リョウ薮下)
  • マリナーズ戦の6回、クルーズ(右)に死球を与えたエンゼルス・大谷=シアトル(共同)
  • マリナーズ戦で、チームメートとお辞儀して握手するエンゼルス・大谷(右)=シアトル(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【試合結果】大谷翔平は6回0/3を2失点で3勝目 マリナーズ相手に6Kでエンゼルスは地区首位堅持