2018.5.5 23:10

ヤクルト・小川監督、左膝打撲の青木は「そこ(抹消)までいかないのでは」

ヤクルト・小川監督、左膝打撲の青木は「そこ(抹消)までいかないのでは」

1回、ヤクルト・青木は死球を受けベンチに下がる。小川監督(奥右)も心配そうな表情=神宮球場 (撮影・大橋純人)

1回、ヤクルト・青木は死球を受けベンチに下がる。小川監督(奥右)も心配そうな表情=神宮球場 (撮影・大橋純人)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト1-10広島、8回戦、広島6勝2敗、5日、神宮)ヤクルトの青木が一回に左膝付近に大瀬良の投球を受け、代走を送られて交代した。都内の病院で精密検査を受けた結果、「左膝打撲」と診断された。青木は「骨には異常がなかった。けがはしたけど、良かった」と、大事には至らずにほっとした表情。小川監督は「明日にならないと分からないが、そこ(出場選手登録抹消)までいかないのでは」と話した。

 今季の死球は早くも六つ目。ボールが直撃した後は倒れ込み、苦悶の表情を浮かべてしばらく起き上がれず、両脇を抱えられながらグラウンドを後にした。

試合結果へ

  • 1回、死球を受けるヤクルト・青木=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 1回、死球を受け痛がるヤクルト・青木=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 1回、死球を受け倒れるヤクルト・青木=神宮球場(撮影・大橋純人)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルト・小川監督、左膝打撲の青木は「そこ(抹消)までいかないのでは」