2018.5.5 21:26

広島、20勝リーグ一番乗り! 大瀬良が1失点完投&4発10得点

広島、20勝リーグ一番乗り! 大瀬良が1失点完投&4発10得点

8回、2点本塁打を放つ広島・菊池=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

8回、2点本塁打を放つ広島・菊池=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 (セ・リーグ、ヤクルト1-10広島、8回戦、広島6勝2敗、5日、神宮)首位・広島は4本塁打など10得点でヤクルトに大勝し、リーグ20勝一番乗りを果たした。先発の大瀬良大地投手(26)は9回、123球を投げ8三振を奪うなど7安打1失点で3年ぶりの完投勝利で今季4勝目(2敗)を挙げた。

 コイ打線は活発だった。一回、二死二塁とすると、4番・鈴木がヤクルトの先発・梅野から左前適時打を放ち、先制した。二回にはエルドレッドが左中間席に5号ソロ。さらに一死満塁として、菊池が右中間へ3点二塁打を放ち、5-0とした。

 四回には先頭の会沢が、ヤクルトの2番手・風張からバックスクリーン左に2号ソロを放ち6-0。五回には一死二塁から5番・安部の中前適時打で7-0とした。ヤクルトはその裏、一死走者なしから1番・山田哲が左翼席へ9号ソロを放ち、1点を返した。

 広島は八回、二死一塁から菊池の5号2ラン、3番・バティスタの5号ソロが飛び出し10-1と突き放した。

試合結果へ

  • 8回、ソロ本塁打を放つ広島・バティスタ=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 5回、適時打を放つ広島・安部=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、本塁打を放った広島・会沢=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 2回、3点二塁打を放つ広島・菊池=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 2回、本塁打を放った広島・エルドレッド=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 1回、先制適時打を放つ広島・鈴木=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 先発の広島・大瀬良=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島、20勝リーグ一番乗り! 大瀬良が1失点完投&4発10得点