2018.5.4 11:21(1/3ページ)

【生涯マリナーズ一問一答】イチロー「毎日がギフトを贈られているようなもので本当にハッピーでした」

【生涯マリナーズ一問一答】

イチロー「毎日がギフトを贈られているようなもので本当にハッピーでした」

特集:
イチロー
記者会見で質問に考え込む米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手=3日、シアトル(共同)

記者会見で質問に考え込む米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手=3日、シアトル(共同)【拡大】

 米大リーグ、マリナーズは3日(日本時間4日)、メジャー歴代21位の通算3089安打を放ち、現役最年長野手としてプレーを続けていたイチロー外野手(44)が球団の特別アドバイザーに就任したと発表した。ベンチ入りの25人枠から外れるが、球団と生涯契約を結んでチームに同行する。イチローの一問一答。

 --こういう形(会長付特別補佐)になった経緯

 「この日が来るときは、僕はやめるときだと思ってました。その覚悟はありましたし、ただ、こういう提案がチームの方からあって、(契約が)決まってから、2カ月弱ぐらいの時間でしたけど、この時間は僕の18年の中で、もっとも幸せな2カ月であったと思います。その上で、この短い時間でしたけど、監督始め、チームメート、これは相性もありましたけど、大好きなチームメートになりましたし、もちろん大好きなチームですし、このチームがこの形を望んでいるのであれば、それが一番の彼らの助けになるということであれば、喜んで受けようという経緯です」

 --決断を後押ししたのは?

 「まず、3月頭の時点で、このユニホームを着られることは想像していませんでした。だから、マリナーズと契約してから今日まで、毎日が僕にとってギフトを贈られているようなもので、本当にハッピーでした。今日もそうでした。これが最後ではない、ということをお伝えする日になったわけですけど、とにかくハッピーで、毎日、セーフコ・フィールドに来る家から球場までの道のり、帰り道、ユニホームを着ていられる時間をかみ締めていました。それが、終わってしまうのかなあということも考えましたし、でもそんな提案をいただいて、大好きなチームメートたちと、これが大好きでない人たちであったら、この決断はできなかったと思います。後押しという意味では、チームメート存在だったといえると思います」

【続きを読む】

  • 記者会見で質問に答える米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(右端)=3日、シアトル(共同)
  • 練習の合間に、サービス監督(右)とタッチを交わす米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手=シアトル(共同)
  • 練習前にチームメートと抱き合う米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(奥)=3日、シアトル(共同)
  • 記者会見で質問に笑顔で答える米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手=シアトル(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【生涯マリナーズ一問一答】イチロー「毎日がギフトを贈られているようなもので本当にハッピーでした」