2018.5.1 20:32

広島・バティスタ、鈴木が連弾 丸が離脱も中軸が破壊力見せる

広島・バティスタ、鈴木が連弾 丸が離脱も中軸が破壊力見せる

3回、同点中越え本塁打を放つ広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

3回、同点中越え本塁打を放つ広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 (セ・リーグ、広島-巨人、4回戦、1日、マツダ)広島のバティスタと鈴木が2者連続本塁打を放った。1-3の三回にバティスタが先頭打者で4号ソロ。山口俊の3球目を豪快に左中間席へ運び「若いカウントから積極的にいこうと思った。いい打撃ができた」と胸を張った。

 続く鈴木は2ボール1ストライクからの速球をバックスクリーンに運んだ。2号ソロに「バッティングカウントだったので思い切り振った。いい感触だった」とうなずいた。不動の3番打者だった丸が故障で離脱している中、中軸が破壊力を見せた。

緒方監督(打線に)「一回は点が入らなかったけど、プレーボールから野手がものすごい集中力を持って打席に入って、投手に襲いかかった」

中村祐(6回3失点で無傷の3勝)「すごく振れている打者がたくさんいる中、四回以降は持ち直すことができた」

田中(1安打4四球で全打席出塁)「特に見極めようとはしていない。全部打ちにいって、そういう結果になってよかった」

菊池(五回に適時打)「チャンスで2回凡退していたので、必死にいった」

試合結果へ

  • 3回、同点中越え本塁打を放ち、バティスタらに出迎えられる広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・バティスタ、鈴木が連弾 丸が離脱も中軸が破壊力見せる