2018.4.30 17:27

明大、早大から勝ち点 森下暢仁が今季2勝目&適時打/東京六大学

明大、早大から勝ち点 森下暢仁が今季2勝目&適時打/東京六大学

明大・森下暢仁投手は、早大3回戦で5回1/3を7安打4失点で勝利投手に=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)

明大・森下暢仁投手は、早大3回戦で5回1/3を7安打4失点で勝利投手に=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ戦第3週最終日は30日、東京・神宮球場で行われ、明大が早大を9-4で下し、2勝1敗で勝ち点を2に伸ばした。

 明大は、一回に3四球と3本の安打に敵失を絡めて5点を先行し、三回にも1点を加え、先発右腕・森下暢仁(まさと)投手(3年)は五回に4失点した後、自らのバットで2点を返し、今季2勝目を挙げた。

 早大は、失策が絡んだもののエース左腕・小島和哉投手(4年)の5回9失点(自責7)が誤算となった。

試合結果へ試合日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 明大、早大から勝ち点 森下暢仁が今季2勝目&適時打/東京六大学