2018.4.30 05:04(1/3ページ)

2番抜てき即初盗や!阪神・植田、今季初先発で初安打初盗塁

2番抜てき即初盗や!阪神・植田、今季初先発で初安打初盗塁

六回、二盗を決めた植田。相手のミスを誘い、一気に三塁に進んだ(撮影・村本聡)

六回、二盗を決めた植田。相手のミスを誘い、一気に三塁に進んだ(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、広島5-2阪神、5回戦、広島3勝2敗、29日、マツダ)真っ赤に染まる敵地を、全力疾走で駆け抜けた。六回一死一塁。4年目の植田がロサリオの初球でスタートを切った。

 「1点負けていたので。1つでも先の塁にいけるようにと思っていました」

 捕手・磯村の送球が逸れセンターに転がる間に、一気に三塁を陥れた。ロサリオの中犠飛で、一時同点のホームイン。今季初先発で、決死の“足攻”。新たな風を吹き込んだ。

 ハイライトは1-2の六回無死。三遊間へ打球を転がすと、見せ場だ。自慢の快足で遊撃内野安打を勝ち取った。

 「逆方向へという意識はありますけど、絶対というわけではないです。練習からやっていることを意識していました」

 12球団最少の今季チーム盗塁ひと桁(5)のチームになかったスピーディーな攻撃。五回にも梅野が二盗を決めており、2試合連続の2盗塁だ。

【続きを読む】

  • 六回無死から遊撃への内野安打で出塁
  • 快足を飛ばして一塁をもぎ取った
  • 8回、安打を放つ阪神・伊藤隼=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 投球する阪神・岡本=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 7回を終えてベンチに戻る阪神・石崎=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 6回、同点犠飛を放つ阪神・ロサリオ=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 5回、広島・菊池に適時打を浴びた阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 3回、先制左越え本塁打を放つ阪神・梅野=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 先発の阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・村本聡)
  • 先発した阪神・能見=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 2番抜てき即初盗や!阪神・植田、今季初先発で初安打初盗塁