2018.4.18 23:31

日本ハムが大逆転負け…栗山監督「何があっても勝ち切らないといけないゲーム」

日本ハムが大逆転負け…栗山監督「何があっても勝ち切らないといけないゲーム」

 (パ・リーグ、西武9x-8日本ハム、5回戦、西武4勝1敗、18日、メットライフ)日本ハムは8-0の大量リードから八、九回で逆転を許し、サヨナラ負けを喫した。栗山監督は「何があっても勝ち切らないといけないゲーム。申し訳ない」と声を落とした。

 中継ぎ陣が誤算だった。八回は上原が2安打を許し、続く田中豊が1死も取れずに3四球を与えて2点を返された。ここでトンキンを投入したが、勢いを止められず、計7失点。九回にマウンドに上がった石川直は「あの流れだったので、内容どうこうよりもゼロで抑えようと思った」と話したが、2安打1四球で満塁とされ、森に逆転サヨナラ打を浴びた。

中田(2試合連続本塁打を放つもチームが敗れ)「負けてしまったので、僕のことは関係ない」

高梨(7回無失点)「直球も変化球も、ストライクゾーンで勝負することができた。自分のペースで投げられた」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 日本ハム
  5. 日本ハムが大逆転負け…栗山監督「何があっても勝ち切らないといけないゲーム」