2018.4.16 05:02(1/2ページ)

立大1年・川端健、初登板初勝利!2番手で4回0封/東京六大学

立大1年・川端健、初登板初勝利!2番手で4回0封/東京六大学

2番手として好投した立大・川端健斗=神宮球場(撮影・田村亮介)

2番手として好投した立大・川端健斗=神宮球場(撮影・田村亮介)【拡大】

 東京六大学野球春季リーグ第1週第2日(15日、神宮)2回戦2試合を行い、昨春覇者の立大が早大を4-2で下し、昨秋からの2連覇を狙う慶大が東大を5-1で破って、ともに連勝で勝ち点1を獲得した。立大は、四回に藤野隼大捕手(3年)の左越えソロで勝ち越し、2番手で4回無失点の左腕・川端健斗投手(1年)がリーグ戦初登板勝利を飾った。慶大は、打線の援護を受けた先発右腕・津留崎大成投手(3年)が7回1失点で通算2勝目を挙げた。

【続きを読む】

  • 早大2回戦に2番手で登板した立大・川端健斗投=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)
  • 早大2回戦に先発した立大・手塚周=神宮球場(撮影・赤堀宏幸)
  • 4回、本塁打を放った立大・藤野隼大=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 4回、本塁打を放つ立大・藤野隼大=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 2日連続の好リリーフで試合を締めた立大・中川颯=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 1回、先制の適時打を放つ立大・飯迫恵士=神宮球場(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立大1年・川端健、初登板初勝利!2番手で4回0封/東京六大学