2018.4.16 05:02(1/2ページ)

2年目の楽天・池田、もがいてプロ初勝利!「勝つことは大変」

2年目の楽天・池田、もがいてプロ初勝利!「勝つことは大変」

2年目の池田(左)がプロ初勝利。梨田監督と笑顔でサムアップポーズを決めた (撮影・土谷創造)

2年目の池田(左)がプロ初勝利。梨田監督と笑顔でサムアップポーズを決めた (撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天12-6西武、3回戦、西武2勝1敗、15日、楽天生命)楽天は15日、西武3回戦(楽天生命パーク)に12-6で大勝し、連敗が3でストップ。昨年のドラフト2位で2年目の池田隆英投手(23)が6回1/3を11安打5失点と苦しみながらもプロ初勝利を飾った。

 「点差はあまり関係がなかった。勝つことは大変なんだと思いました」

 3度目の正直だった。初登板となった1日のロッテ戦は、試合前から緊張し、三回途中4失点(自責点2)。前回8日のソフトバンク戦は6回1失点と好投も敗れた。

 「自分のボールを投げたいと思った」と池田。一回先頭の秋山から全力投球で144キロの内角直球でズバッと見逃し三振に仕留めると、最速146キロの直球と切れ味鋭いスライダーで西武打線に挑んだ。味方に大量援護をもらい、五回まで1失点。七回に山川に3ランを浴びるなど、5失点でバトンタッチし、お立ち台では「あまりいい部分が思い浮かばない…」と苦笑したが、チームの連敗を23歳右腕が止めた。

【続きを読む】

  • 7回途中5失点でプロ初勝利を挙げた楽天・池田=楽天生命パーク
  • 試合終了後、お立ち台で「バーン!」を決める楽天・池田(右)と岡島=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  • 先発する楽天・池田=楽天生命パーク(撮影・土谷創造)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 2年目の楽天・池田、もがいてプロ初勝利!「勝つことは大変」