2018.4.16 05:03(1/2ページ)

今季初完封星!オリックス・山岡、新球“縦カット”で6回0封の1勝

今季初完封星!オリックス・山岡、新球“縦カット”で6回0封の1勝

力投する山岡。6回4安打無失点で今季初勝利を挙げた(撮影・中島信生)

力投する山岡。6回4安打無失点で今季初勝利を挙げた(撮影・中島信生)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス7-0日本ハム、2回戦、1勝1敗、15日、ほっと神戸)新球が冴えた。打者の手前で鋭く小さく落ちるカットボール。今季から導入した新球種で、オリックス・山岡が今季初勝利(2敗)を挙げた。

 「去年に比べると、早かったですね。カットボールがうまく決まってくれてゲッツーが取れた。そこが良かった」

 プロ1年目だった昨季の初勝利は7度目のマウンド。今年は登板3試合目でつかんだ初白星に笑みがこぼれた。再三のピンチを“縦カット”で切り抜けた。0-0の三回一死一、三塁では松本を二ゴロ併殺。2点リードの六回一死一、二塁でもレアードを遊ゴロ併殺と、ともに新球で打ち取った。6回を4安打無失点。チーム今季初の無失点勝利を呼んだ力投に、福良監督も「山岡が粘り強く投げてくれた。(先発の勝ち星は)大きいですね」と評価した。

【続きを読む】

  • 先発のオリックス・山岡=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • ファンとハイタッチするオリックス・山岡と若月の同級生バッテリー=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 先発するオリックス・山岡=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 5回、適時打を放つオリックス・若月=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 5回、生還したオリックス・マレーロ=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 6回、二塁打を放つオリックス・吉田正=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 6回、適時二塁打を放つオリックス・小谷野=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 6回、死球を受けるオリックス・若月=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 6回、安達の2点打で生還し、大喜びの二走のオリックス・小谷野(右)=ほっともっと神戸
  • 6回、安達の2点打で生還する二走のオリックス・小谷野。捕手は日本ハム・清水=ほっともっと神戸
  • 7回からマウンドに上がったオリックス・近藤=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  • 8回、適時打を放つオリックス・マレーロ=ほっともっとフィールド神戸(撮影・中島信生)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. 今季初完封星!オリックス・山岡、新球“縦カット”で6回0封の1勝