2018.4.15 18:12

【白星一問一答】阪神・金本監督「本人よりほっとしてる」鳥谷&ロサリオ&大山に快音

【白星一問一答】

阪神・金本監督「本人よりほっとしてる」鳥谷&ロサリオ&大山に快音

試合に勝利し、岩貞と笑顔をみせる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)

試合に勝利し、岩貞と笑顔をみせる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神8-3ヤクルト、3回戦、ヤクルト2勝1敗、15日、甲子園)投打のかみ合った阪神が連敗を「3」で止めた。先発した岩貞は6回93球を投げ、4安打1失点5奪三振で今季初登板を白星。打線も13安打で効果的に点を重ねた。鳥谷は4打数3安打1打点、糸井は1本塁打を含む4打数2安打4打点で勝利に貢献した。連敗を脱出し、勝率を5割に戻した阪神・金本知憲監督(50)は、試合後のインタビューで笑みがこぼれた。

 ――快勝と言っていい内容

 「欲しいところで点が取れた試合でしたね」

 ――今季最多8得点

 「3人挙げさせてもらうと鳥谷、ロサリオ、大山ですね。本当にほっとしました」

 ――福留、糸井ではなく

 「彼らは(すでに)打ってたんで、特に心配はなかったんですけど。さっきの3人に関しては、たぶん本人より僕らのほうがほっとしてると思います」

 ――打つべき人が打った

 「安打数と得点とのバランスと言いますか、非常に効率よく点が取れたのでよかったです」

 ――岩貞が今季初登板勝利

 「結果的には6イニング1失点ですけどね、どうでしょうね(笑い)。次回、また大事ですね。もう少しいいときはチェンジアップで空振り取れてたんでね、そこら辺だと思いますね」

 ――3点リードの七回にマテオを投入

 「(ヤクルトの)打順が下位だったもんで。マテオもまだちょっと本調子じゃないのかなっていう…。本人もおそらく不安があると思うので、できるだけ楽なところで自信を取り戻してほしいなというところで、先にマテオを行きました」

 ――今後も救援陣は状態を見て

 「パターンにそこまでこだわることなく。今年救援陣がみんないいので、特に型にはめるっていうかは、(打者の)右左とかそのときの調子によって、また相手の打順によって、臨機応変に行ければいいな、と思います」

 ――勝率を5割に戻した。ここまでの手応えは

 「欲を言えばキリがないんですけど、黙っときます」

試合結果へ

  • 7回、選手交代を告げる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 7回、選手交代を告げる阪神・金本監督=甲子園球場(撮影・山田喜貴)
  • 4回、2ランの糸井(右)とタッチを交わす阪神・金本監督=甲子園
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【白星一問一答】阪神・金本監督「本人よりほっとしてる」鳥谷&ロサリオ&大山に快音