2018.4.7 16:53

日体大のエドポロ・ジョセフが2本塁打 東海大に先勝/首都大学

日体大のエドポロ・ジョセフが2本塁打 東海大に先勝/首都大学

日体大・エドポロ外野手は、東海大1回戦で左越え本塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)越谷市民球場

日体大・エドポロ外野手は、東海大1回戦で左越え本塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)越谷市民球場【拡大】

 首都大学野球春季リーグ戦第2週第1日は7日、埼玉・越谷市民球場で行われ、第2試合は日体大が東海大を3-1で下し、先勝した。昨秋リーグ戦を制覇し明治神宮大会に優勝している日体大は、4番のエドポロ・ジョセフ外野手(3年)が東海大のプロ注目左腕・飯嶋海斗投手(4年)から二回に左越えソロを放ち、六回にも左中間寄りに特大ソロを放ち、3投手の継投で抑え切った。

 リーグ戦通算3、4号となったエドポロ外野手は、「1本目も2本目も打ったのは真っすぐ、たまたま。甘い球を打ち損なっているのでまだまだです」と少し微笑んだものの、課題を口にした。

 日体大・古城隆利監督は「このカードを勝ち越せないと優勝はないと思っている。4番がいい所で打ってくれて1勝できたので、2戦目も先取点を取っていきたい」と連勝に意欲を示した。

  • 日体大・エドポロ外野手は、東海大1回戦で左越え本塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)越谷市民球場
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 日体大のエドポロ・ジョセフが2本塁打 東海大に先勝/首都大学