2018.4.7 05:05(3/3ページ)

西武特急は止まらない!雄星で27年ぶりの開幕6連勝

西武特急は止まらない!雄星で27年ぶりの開幕6連勝

ヒーローの(左から)西武・菊池と浅村=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)

ヒーローの(左から)西武・菊池と浅村=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)【拡大】

 2日の起床後、メジャー初登板勝利をダイジェストでチェックし「初戦から160キロを出して刺激になります」と闘志を燃やした。この日、菊池の視察でバックネット裏にヤンキースなどメジャー8球団のスカウトが集結したが「個人の成績よりも、とにかく優勝したい」と意識を集中。今季2勝目につなげた。

 これで、菊池が生まれた1991年以来の開幕6連勝。6試合全てで先発投手に白星がつくのは球団史上初の快挙だ。それでも、27年前に不動の「1番・二塁」として日本一に貢献した辻監督は「まだまだ。そんなに甘いものじゃない」と笑い、気を引き締めた。(花里雄太)

データBOX

 〔1〕開幕から6連勝以上したのは、2013年の巨人(1分けを挟んで7連勝)以来5年ぶり。西武(前身球団を含む)では、1954年11連勝(同年優勝)、61年6連勝(同3位)、66年6連勝(同2位)、91年8連勝(同優勝)に次いで27年ぶり5度目。
 〔2〕開幕から6試合すべて先発投手が勝利投手となったのは、79年の阪急以来39年ぶり。西武では56、66、90年の5試合連続を上回る球団新記録。

試合結果へ

  • 菊池(左)は七回、T-岡田を併殺打に仕留めると雄たけびを上げた(撮影・高橋朋彦)
  • 浅村(右)と「6」を表す勝利のポーズ。お立ち台で会心の笑みを浮かべた(撮影・高橋朋彦)
  • 4回、先制ホームランを放つ西武・浅村=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 先発の西武・菊池=メットライフドーム(撮影・高橋朋彦)
  • 先発した西武・菊池=メットライフドーム
  • 西武・今季の先発投手の投球内容
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武特急は止まらない!雄星で27年ぶりの開幕6連勝