2018.3.6 18:57

立正大のプロ注目右腕・釘宮、ヤクルト2軍戦で3回3安打3失点

立正大のプロ注目右腕・釘宮、ヤクルト2軍戦で3回3安打3失点

プロ注目の立正大・釘宮投手(撮影・赤堀宏幸)

プロ注目の立正大・釘宮投手(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球の立正大が6日、ヤクルト2軍との練習試合を埼玉・戸田球場で行い、1-9で敗れた。プロ注目の最速150キロ右腕・釘宮光希投手(新4年)が先発し、3回3安打3失点、2番手の左腕・木寺凌世投手(同)がヤクルトの2番・西浦に中越え3ランを浴びるなど4失点、3番手で登板した注目の最速147キロ右腕・鈴木友也投手(同)が2回2/3を3安打1失点だった。

 鈴木は「腕は思い切り振れたと思うけど制球、バランスがよくなかった。(ドラフト1位の)村上君(宗隆内野手)は反応してこなくて三振になったけど、1軍でも打っている選手は初見の変化球でも芯に当ててくる。課題がはっきりわかってきていて、これから4月のリーグ戦開幕へ向けてやっていきたい」と言い切った。

  • ヤクルトの2軍との練習試合に登板した立正大・鈴木(撮影・赤堀宏幸)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立正大のプロ注目右腕・釘宮、ヤクルト2軍戦で3回3安打3失点