2018.3.1 16:34

大谷は「イチロー以上になれる」エ軍OB長谷川氏が地元紙に語る

大谷は「イチロー以上になれる」エ軍OB長谷川氏が地元紙に語る

大谷翔平

大谷翔平【拡大】

 米大リーグ、エンゼルスが本拠地を置くロサンゼルスの地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」(電子版)は1日(現地時間2月28日)、投打の「二刀流」で注目されるエンゼルス・大谷翔平投手(23)についての記事を掲載。かつてエ軍に在籍した長谷川滋利氏(49)が大谷へ大きな期待を寄せている。

 同紙は大谷を取材するためにキャンプ地を訪れていた長谷川氏を直撃。1997年から4年間エ軍でプレーした大谷の“先輩”である長谷川氏は「イチローはマイケル・ジャクソンやマドンナのようなスーパースターだった。大谷が打撃と投球の両方でいい結果を残せれば、イチロー以上になれる」と話した。さらに自身のメジャー時代を振り返り「投手として適応するだけでもここ(メジャー)にくるのはかなり難しい」と前置きしつつ、「打つことと投げることを両立させるのは簡単ではないが、彼(大谷)はそれを楽しんでいるように見える。それが(成功の)カギだ」と大谷が“二刀流”に挑戦することこそが大きなモチベーションになっていると同紙の取材に答えた。

 長谷川氏は最後に「大谷はダルビッシュや田中将大のようなピッチャーになれると考えている。それでもいまは過大な期待をしてはいけない」と強調。成長を見守ってほしいと訴えた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 大谷は「イチロー以上になれる」エ軍OB長谷川氏が地元紙に語る