2018.2.24 18:15

楽天D6・西巻が初打席初安打 “清宮世代”のスター候補

楽天D6・西巻が初打席初安打 “清宮世代”のスター候補

 楽天のドラフト6位・西巻賢二内野手(18)=仙台育英高=が24日、今季オープン戦の初戦となった広島戦(コザ)で初打席初安打を放った。七回に遊撃で途中出場すると、八回一死一、二塁でオスカルから左前打を放った。楽天はこの回一挙9得点と打線が爆発し、11-5で勝った。

 “清宮世代”の高卒新人では一番乗りの安打。1メートル67と小柄ながら仙台育英高では主将を務め、U-18日本代表招集経験もある地元のスター候補だ。「どんな形であれつなぎたかった。最初の打席で打てたのはよかった」と初々しく笑った。

 この日、日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)もオープン戦の中日戦(北谷)で代打でデビューしたが、空振り三振に倒れた。それを伝え聞いた西巻は、「彼も1軍に残りたいという思いでやっていると思うし、負けないようにしたい」とライバル心をむき出しに。かつては「いつまでも“清宮世代”といわれるんじゃなくて『こんな選手もいたのか』と思われたい」とも話しており、世代を引っ張る覚悟だ。

 梨田昌孝監督(64)も「思った以上によくやってくれている」と目を細めた。球団の高卒新人野手の開幕1軍が実現すれば、オコエ瑠偉外野手(20)以来2年ぶり2度目。元気なルーキーがチームに活気を与えている。

試合結果へオープン戦日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. 楽天D6・西巻が初打席初安打 “清宮世代”のスター候補