2018.2.15 10:26(1/2ページ)

【新天地一問一答】ダル、カブスのユニホームに「ずっと青のチームでやっていたので、特に違和感もなく」

【新天地一問一答】

ダル、カブスのユニホームに「ずっと青のチームでやっていたので、特に違和感もなく」

キャンプ初日、キャッチボールするカブスのダルビッシュ=メサ(共同)

キャンプ初日、キャッチボールするカブスのダルビッシュ=メサ(共同)【拡大】

 米大リーグは14日、バッテリー組からキャンプインし、 ドジャースからフリーエージェント(FA)になり、カブスに移籍したダルビッシュはキャッチボールに守備練習と軽めの調整に努めた。以下は初日を終えての一問一答

 ――初日を終えて

 「特に違和感もなく、楽しく、一日過ごせたと思います」

 ――カブスのユニホームに袖を通した。背番号は11番

 「ずっと青のユニホームのチームでやってたので、特に違和感もなく、また、やるぞという気持ちでいます」

 ――このキャンプ。技術面で取り組みたいこと

 「ストライクをどんどん投げれるように。で、強い球を投げられるようにしていきたいと思います」

 ――明日、ブルペンに入る。状態か

 「もう結構、(体が)出来てきているので、明日はそんなに長くない、25球ぐらいで、真っすぐ主体とは聞いてますけど、いろんな変化球も投げてきているので、準備は出来てます」

 ――計画して、体を絞ったか

 「もともとの予定であったというか、2年間ぐらい筋肉をつけた状態で、脂肪ももちろんついてしまうので、そこはもう目をつぶって。で、このオフぐらいにカットしにいこうかなということで。予定通りには出来てます」

 ――何キロぐらい

 「去年のシーズンで106(キロ)とか、そのぐらいだったので、今は、102とか」

 ――可動域が上がっているか

 「いや、分からない。でもやっぱり細くなると、大きく動いて見えるのはあるので、可動域が実際広くなっているのか分からないですけど、躍動感があるように見えるんだったら、いいことですけど」

 ――そこはわからない?

 「実際、僕の体を線で見たら、棒人間とか、あんな感じだったら、動きとしては変わらないと思うので、自分としての感覚は変わらない」

 ――走った感じは

 「全然、しんどくないです。去年とかすごく、ランニングとか疲れていたので。今は、PFPとかやっても、全然大丈夫。去年までとはぜんぜん違うなという気がします」

 ――フォームは

 「もちろん、4~5キロ、軽くなっているので、同じように動いているように見えても、映像で見たら、ちょっと違う感じはします」

 ――絞ったのは、食べ物とトレーニング?

「食べ物ですね。基本的には。ケトジェニックダイエットというのがあるんですけど、まあ、ローカーボダイエットみたいな。それをずっとやって、2週間やって、2週間休んで、2週間やって、みたいな感じで、だんだん絞ってきました」

 ――自分で料理もする?

 「料理は、オフシーズンになると作るので。僕はあんまり、食べないんだけど。自分の作った料理は」

 ――日本に帰らなかった分、より計画的に出来た?

 「日本に帰っても、もちろん、出来るんですけども・・・まあ、そうですね。日本のほうがやっぱり、何ていうのかな。生活がもっとバタバタしているし、行くとこも限られるし、やっぱり、奥さんも自分も互いに気を使うし、そういうところでちょっとストレスがあったりするので、みんなストレスなく、楽に生活できた」

 ――服のサイズは変わった

 「変えました、もちろん。去年着てたやつが、すごい心配で。それで1つ下げて、それでも少しでかめなので、ユニホームもちょっと一つ下げて、という感じですね」

【続きを読む】

  • キャンプ初日、守備練習の合間にチームメートと談笑するカブスのダルビッシュ(左)=メサ(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. MLB
  4. 【新天地一問一答】ダル、カブスのユニホームに「ずっと青のチームでやっていたので、特に違和感もなく」