2018.2.11 05:00

【記者目線】DeNA・大和の特守はシーズン中は見られない 「おかわり」あればぜひ“観戦”を

【記者目線】

DeNA・大和の特守はシーズン中は見られない 「おかわり」あればぜひ“観戦”を

特守でアレックス・ラミレス監督からノックを受けるDeNA・大和=沖縄・宜野湾(撮影・吉澤良太)

特守でアレックス・ラミレス監督からノックを受けるDeNA・大和=沖縄・宜野湾(撮影・吉澤良太)【拡大】

 DeNA春季キャンプ(10日、沖縄・宜野湾)大和の特守を見ていたファンはラッキーだったと思う。華麗なグラブさばきで、捕球した次の瞬間にはスローイングの体勢に入っている。

 大和は遊撃が本職だが外野でもゴールデングラブ賞を獲得している。高田ゼネラルマネジャーに「二遊間への安打性の打球、三遊間への深い打球を何度もアウトにされた。FAとなり、どうしても欲しかった」と言わせたほどの守備力だ。

 ノック後、大和は「もう一度おかわりしたい」と語り、倉本も「おかわりしてもらえるように頑張る」と大和とのコンビを希望。ラミレス監督は「いつでもノックバットを握っています」と答えた。この日は週末で1000人のファンが来場。おかわり実現の際にはぜひとも“観戦”をおすすめする。シーズン中には見ることのできない、ぜいたくな空間だ。(DeNA担当・湯浅大)

キャンプ日程へ

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. 【記者目線】DeNA・大和の特守はシーズン中は見られない 「おかわり」あればぜひ“観戦”を